ゼニカルなどの薬を服用する際は水と一緒に体内に吸収することで、胃や小腸、大腸でしょうかされることで効果を発揮してくれます。

しかし、お酒と一緒にゼニカルを服用すると副作用が起こる可能性があるために注意が必要。

実際に、どのような症状が起こるのかなどは、はっきりとしたことまではわかっていません。

ただし、他の薬ではアルコールとの作用で死に至る恐れもあるために十分に心がけなくてはいけません。

お酒と薬の影響感には、アルコールの血行促進作用と中枢神経抑制作用が働くことがわかっています。

そのために、他の薬との相乗効果で血中濃度が上昇し、血圧が高まり死に至る恐れがあります。

現在のところ危険視されているのは、睡眠薬、抗うつ薬、向精神薬など、眠りや心の病気の薬とされています。

それ以外としては、花粉症や抗ヒスタミン薬など、中枢に作用する解熱鎮痛薬、強心薬、鎮咳薬などです。

ゼニカルは含まれていませんが、だからといって副作用が起こらないというわけではないために、薬を服用する際は「水と一緒に」を心がけることで、副作用を最大限抑えることができます。