ゼニカルというのは、あくまでも商品名で、効果を発揮してくれるのが、主成分であるオイルスタットになります。

この「オルリスタット(orlistat)」の効果として、
消化器官で脂肪を分解・蓄積する酵素「リパーゼ」に作用して、私達の悩みである脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

肉や天ぷら、揚げ物など脂肪分たっぷりの食品を食べる前(30分前がベスト)にゼニカルを服用することで、
体内に脂肪が吸収されずに、便と共に排出されるということになります。

ゼニカルには、このオルリスタットが1カプセルあたり60mg含まれています。
先ほどのページでも紹介したゼニカルは1カプセルあたりに120mgと倍量含まれています。

だったら、オルリスタットがたくさん含まれているゼニカルの方が良いんじゃないの?って思いがちですが、
2003年の日本の厚生労働省によると、「医薬品安全性情報」でもオルリスタットの有効性と安全性が確認され、ダイエット効果を示しています。
しかし、ゼニカルにいたっては、服用してから常に「お尻から便と油が流れ出でて外出できない」といったような人が数多くいたため、世界的に爆発的な人気にはなりませんでした。

それに対して、ゼニカルはオイリスタットを半量に抑えることで、世界的にヒットしているのですね。
副作用の多いゼニカルの油分は30%カットするのに対し、
副作用の無い ゼニカルの脂分は25%カットなので、魅力的なダイエットサプリメントです。